初心者のための筋トレガイド

まず取り組みたい筋トレビッグ3や筋トレで疲労を感じるときの対策・注意点などを解説

初心者はまず筋トレビッグ3を取り入れよう

体を鍛えて自分に自信を持てるようなマッチョなボディを手に入れたいと思っても、筋トレ初心者はまずどんなトレーニングをすればよいのか迷ってしまいがちです。

特に筋肉を効率よく育てるためには、ただガツガツとむやみにハードなトレーニングをすればよいわけではないし、あまり無理をしてしまうと筋肉が育つどころか体を壊してしまう事にもなりかねません。そこで筋トレの初心者におすすめなのが筋トレビッグ3と呼ばれる3種類のトレーニングです。

筋トレビッグ3とはどんなもの?

体にはさまざまな筋肉が存在し、筋トレによっていろいろな部位を鍛える事が出来ます。でもそんな多くのトレーニングの中でも、初心者の場合まずはこれだけを行えば問題ないと言われる種目があり、それが筋トレビッグ3と呼ばれるものです。

普段運動をせず筋トレが初めての人でも、まずはこれだけを行えば体の基礎ができると言われるメニューで、具体的にはベンチプレス、デッドリフト、スクワットの3種類がこれにあたります。

なぜ筋トレビッグ3がおすすめなのか

ベンチプレス、デッドリフト、スクワットの3種類のトレーニングはいずれも体の中の様々な筋肉のうち最も大きな部位を効率よく鍛えるためのトレーニングです。

厚い胸板を作る大胸筋、逞しい背中を作る広背筋、ヒップアップした引き締まった臀部を作る大臀筋、そして太ももにある大腿四頭筋、背中の筋にあたる脊柱起立筋など、体の中でも大きな筋肉であるこれらの部位を最も鍛える効果のあるトレーニングなので、最短で効果を出しやすいのが筋トレビッグ3です。

筋トレをする目的には逞しくマッチョなボディになりたい、無駄な贅肉を落としてダイエットを成功させたいなど様々なものがありますが、これらの部位を鍛える事はどんな目的で行う筋トレにも欠かすことのできないものです。

筋トレビッグ3はどれくらいの重量で行えばよいか

トレーニングは負荷を高めるほど効果が出ると言うわけではありません。筋トレ初心者が心得なければならないのは自分の体重以上の重量を持ち上げるのはかなりすごい事だと言う事です。

そのためその人の体型や体重によってトレーニングに適した重量は変わってくるし、普段全く運動をしない人なら自分の体重よりも10キロも少ない重量でも辛く感じるかもしれません。

筋トレは誰かと比べるのではなく、結局のところ自分との闘いなので、自分の体に無理のない範囲で自分ができる重量から始めるのがポイントです。無理に重いものからスタートしてけがをしてしまっては意味がありません。